AI監視カメラ

ホーム > 製品 >

Play Video

現在の監視システム

従来型の監視システムで、リアルタイムに事故、犯罪、自然災害等の異常 を認知するためには、人が監視し続ける必要がありました。

また、AIを利用した監視システムであっても、現在のレベルでは、設置場 所に応じて、異常検知モデル(小売店舗で万引きを検知など)をカスタマイ ズする必要があるなど、汎用性に乏しいものにとどまっています。

AI監視カメラの特許の強さ

  • この特許を用いれば、固定の監視カメラだけではなく、自動運転自動車、ドローン、ロボットに設置して社会インフラのセキュリティーに貢献するシステムを構築できます。
  • カメラ映像からのシーン判定を行い、それぞれのシーンにおける最適な異常検知AIを使った異常検知を行うことで、高精度、高速、安価な監視システムを構築できます。

近未来の監視システム

自動運転車、ドローン等が一般化することにより、移動体に搭載した 汎用性を持つAI監視カメラが、事故、犯罪、自然災害等の異常を早期に検知 し、  通報/対応することにより、社会的な損失を軽減できるようになります。

AI監視システムの特許について

  • 「監視装置及び監視方法」の特許を取得しました。
  • この特許は、AIを使用した究極の監視システムを提供します。
  • この特許を利用した監視カメラは、従来の監視カメラの問題点を解決することができます。
  • 従来の監視カメラの課題を解決する3つの特長を備えています。
従来の監視カメラの問題点 この特許は、従来の監視カメラの問題を解決すること
監視員による映像の常時モニタリングが必要でした。
AI により監視対象の種類を自動判定することができます。
設置場所ごとに設定をカスタマイズする必要があります。
監視対象に応じた異常判定をクラウドより取得できることができます。
特定の異常のみしか検知することができませんでした。
異常判定モデルをアップデートすることができます。